• TOP >
  • 伊賀観光

山々に囲まれた 伊賀忍者発祥の地

当館から歩いて5分の赤目四十八滝をはじめ、自然が豊富な地域です。赤目渓谷では、忍者が修行していたと云われています。

※拡大・縮小は「+」「-」の目盛りで行えます。また、地図はドラッグも可能です。

徒歩5分で「赤目四十八滝」へ

地図で位置を確認

ホームページ

赤目四十八滝

「日本の滝百選」「森林浴の森百選」「遊歩百選」「平成の名水百選」に選ばれている、赤目四十八滝。峡谷内には、写真以外にも数々の滝や渕、、奇岩があり、それぞれに古くからの名称がついています。

また、四十八は、滝の数ではなく、多数の意味とも、阿弥陀仏が四十八願をかけて修行を成就させたことにちなむともいわれています。

四季を感じながら自然の中を歩く心地よさを、是非ご体感ください。地元のよもぎをふんだんに使った「草もち」や、サツマイモが原料の「へこきまんじゅう」も楽しみのひとつです。

ちょっと足を延ばして周辺を散策

青連寺湖観光村

01|青連寺湖観光村

雨天でもフルーツ狩りができるスポット。
【当館より車で10分】

地図

ホームページ

香落渓

02|香落渓

青蓮寺からさらに青蓮寺川をさかのぼりトンネルを抜けると、そこからが香落渓です。
【当館より車で25分】

地図

ホームページ

忍者の森

03|忍者の森

大自然の中で、伊賀流忍者の修行を様々なアトラクションを通じて、体験できます。
【当館目の前】

地図

ホームページ

張藤堂家邸

04|名張藤堂家邸

名張に居を構えた、藤堂宮内家の屋敷跡です。
【当館より車で15分】

地図

ホームページ

伊賀流忍者博物館

05|伊賀流忍者博物館

「忍者実演ショー」などは見ごたえ充分で、大人から子供まで楽しめます。
【当館より車で40分】

地図

ホームページ

伊賀上野城

06|伊賀上野城

上野盆地のほぼ中央にある上野台地の北部にある丘に建てられた城。イベントも開催されています。
【当館より車で40分】

地図

ホームページ

だんじり会館

07|だんじり会館

「上野天神祭」の巨大な「だんじり」や「鬼行列」を展示や、スクリーンで迫力満点の臨場感を味わえる施設です。
【当館より車で40分】

地図

ホームページ

俳聖堂

08|俳聖堂

俳聖殿(昭和17年芭蕉の生誕300年を記念して建設されました。
【当館より車で40分】

地図

ホームページ

伊賀の里モクモク手づくりファーム

09|伊賀の里モクモク手づくりファーム

無添加製品や低添加製品の製造をはじめ、体験学習や温泉、宿泊施設、レストランなど充実したファームです。
【当館より車で1時間15分】

地図

ホームページ

女人高野 室生寺

10|女人高野 室生寺

室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。
【当館より車で25分】

地図

ホームページ

総本山 長谷寺

11|総本山 長谷寺

真言宗豊山派総本山であり、西国三十三カ所第8番の札所。
【当館より車で50分】

地図

ホームページ

花の郷 滝谷花しょうぶ園

12|花の郷 滝谷花しょうぶ園

季節の美しい花々に囲まれた安らぎの花園。奈良県宇陀市室生区にあります。
【当館より車で20分】

地図

ホームページ

青山高原

13|青山高原

室生赤目青山国定公園の中心にある、起伏のゆるやかな高原で四季折々楽しめます。
【当館より車で50分】

地図

ホームページ

曽爾高原

14|曽爾高原

曽爾村にある曽爾(そに)高原は奈良県と三重県の県境に位置した国立公園です。
【当館より車で1時間】

地図

ホームページ

なばなの里

15|なばなの里

一年を通して季節の花が咲き誇るなばなの里。
【当館より車で1時間20分】

地図

ホームページ

伊勢神宮

16|伊勢神宮

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれ、多数の参拝者が訪れます。
【当館より車で1時間30分】

地図

ホームページ

芭蕉翁生家

17|芭蕉翁生家

俳句への道を築いた松尾芭蕉 の生まれた家。近くには、芭蕉記念館もあります。
【当館より車で40分】

地図

ホームページ

赤目観光協会イベントスケジュール

詳しいイベント情報は協会ホームページをご覧下さい。
※天候等の事情により日時・内容の変更の可能性があります
ホームページ

赤目の歴史 -伊賀忍者発祥と赤目の伝説-

伊賀忍者発祥

戦国時代、伊賀忍者が赤目四十八滝一帯で、足腰を鍛え、滝で精神修行をし、心技体を磨いていたという。そこに棲む両生類のオオサンショウウオを、水に潜る術などの参考にしていたとも云われ ています。
また、この地を選んだのは、伊賀流開祖の百地三太夫(ももちさんだゆう)だそうです。

赤目の由来と役行者伝説

「赤目」という名前の由来には、伝説があります。約1300年前、「役行者(えんのぎょうじゃ)」が、滝に向かって修行していると、当館の真裏にある延寿院を開いたと云われる「不動明王」が牛に乗って出現。その牛の目が赤かったことから、 この地を”赤目”と名付けたとされています。

お電話でのご予約・お問い合わせは0595-63-1126

お問い合わせはこちら

ご予約はこちら

ページの先頭に戻る